ナノフラッシュ(ヘナ)

ナノフラッシュ(ヘナ)
今、美容に対するお客様の意識が『健康志向』になっています。

 ●カラー剤のアレルギーを気にする方
 ●植物染料を使いたいけど“ ヘナは危険” と思い込んでいる方
 ●髪にハリとツヤを求めている方に朗報です!

化学染料が一切入っていない安全で染色力のある新植物染料、エチオピア産プレミアムヘナの“ ナノフラッシュ” をご提案します。

 【ナノフラッシュ】ブラウン、シェバ、パープル、イエロー 全4色

ナノフラッシュがプレミアムなワケ | ナノフラッシュの染まり方 | ナノフラッシュのQ&A |
ナノフラッシュ~エチオピアと日本の架け橋 「ゲットゥーさんからのメッセージ」

ナノフラッシュがプレミアムなワケ

ナノフラッシュがプレミアムなワケ日本で初めてのエチオピア産 植物染料 “ナノ フラッシュ” は「有機栽培」「ノンケミカル(100%植物)」「最高級品」「化粧品認可」の4つを基本にしています。さらに「染まりやすさ」「髪の改善効果」「色の種類」にこだわって研究が進められています。

1.有機栽培

エチオピアの自然なままの大地で育てられた木の新鮮な葉っぱを採取

2.ノンケミカル(100%植物)

日本に輸入されているヘナには、染まりやすさから「化学染料」を使用しているものもある中で化学染料をまったく含まなくても「染まりやすさ」を追求

3.厳選された最高級品

エチオピア政府ならびに大使館の全面協力により最高品質の葉だけを使用

4.化粧品として正式に登録済

化粧品登録システム受付番号
No,112180700 1960
No,112180700 1964
No,112180700 1967

ナノフラッシュの染まり方

“ナノ フラッシュ” の葉に含まれる「キノン系色素」には、髪を染める作用のほかに、抗菌、抗炎症作用があると報告されています。髪に対しては、特にキューティクルをしっかりコーティングして髪の内部を保護する作用があります。

また、日本での分析結果では、“ナノ フラッシュ” の葉から「カテキン」「ビタミンC」などが検出されました。
“ナノ フラッシュ” は色を混合して「ナチュラル・ブラウン」「ライト・ブラウン」「オリーブ・ブラウン」に仕上げる事ができます。3~4回繰り返し染める事によりご希望の色に近づけていきます。
ナノフラッシュの染まり方
*天然素材のため染まり方には個人差があります。
*WEB画面のため実際の色とは異なる場合がございます。

ナノフラッシュのQ&A

Q. 化学染料とどうちがうの?

A. 化学染料(ジアミン系染料)は、発色のスピードが速く大体30分程度で頭髪に染着します。
その後、時間とともに残留アルカリによる漂白、染料の流出などにより洗うたびに退色していきます。ヘアマニキュアも同様で、染着方法にもよりますが染毛当日が一番良く染まっており、洗髪ごとに染料が流出していきます。
ナノフラッシュは独特な染毛方法により一般的な植物系染料よりは早く、そして深く染着させることが出来ます、染まり方にも特徴があり染毛当日より1~2日、日を重ねるごとに発色します。
また植物系天然染料の特徴で、地毛に自然に馴染みます。
人によっては染めていることが気づかれないほど自然に染まります。もちろんやさしい染料ですので時間を経て洗髪すると自然に退色していきます。

Q. カラー剤のアレルギーってなに?

A. 薬剤に含まれるアルカリ剤による発赤または、主染料であるジアミン系染料によるかゆみ、腫れがあります。
一般的にカラー剤のアレルギーはジアミン系染料のアレルギーを指すことが多いです。人によっては、いきなりショック症状を起こす場合があるので、ジアミン系染料を施術する場合は必ず事前のパッチテストをお勧めします。
補足 
合成化学薬品の長期にわたる連用はさまざまなリスクを伴います。アルカリ剤やジアミン系染料の連用は頭皮を疲弊させ毛髪の生育を妨げます。長期間使用すると、かえって白髪が増えたり、頭髪の細毛化や疎毛化を促進します。

Q. 他の植物染料はどんなものがあるの?

A. 一般的なヘナはインド産が多く、その特徴としてオレンジの単色を用いることが多いです。しかしオレンジ色のみでは対応できる毛髪の範囲が限られますし染まりのムラが気になるところです。また、藍系白髪染めは木綿等植物には染着しますが、毛髪などの硬質タンパクには基本的に染着しません。毛髪にヘナの染料を染着させ、その染料に藍染料を絡ませるようにし毛髪に染着させる方法をとっています。藍系染料を配合したヘナも同様の染まり方をします。最低でも4~5時間は放置時間をおく必要がありますし、数回重ねないと希望の色になりにくいようです。

Q. 髪が健康になるって本当?

A. ナノフラッシュの繊維はトリートメント効果があり髪にツヤとハリを与えます。また、くり返し染める事でトップのボリュームが出てきますので、健康的な美しい髪になります。

Q. おしゃれ染めはできないの?

A. ナノフラッシュはジアミンかぶれで化学染料を懸念されている方などにもおすすめです。
ライトアップしてから、ナノフラッシュで色味を足す事によりおしゃれ染めを楽しむ事が出来ます。

Q. 植物染料(ヘナ)は危険だと聞きましたが新植物染料(ナノフラッシュ)は本当に安全なの?

A. 国民生活センターによると染料の一部の商品に、発色を安定させる為に化学染料を入れているにもかかわらず、表示していないものが市販されていました。このことを知らずに使用してしまい化学染料(主にジアミン系染料)によるアレルギー反応が出てしまったケースがありました。特に皮膚が敏感な方などが、植物染料なら大丈夫という認識だけで使用すると、場合によってはアナフィラキシーショック症状を起こし、大変危険なことになります。このショック症状は、例えば蜂毒や輸血時などに起こりうるアレルギー症状と同じです。
ナノフラッシュは、100%植物染料ですので、アレルギー反応を起こす確率は非常に低いといえます。ただ、蕎麦アレルギーや小麦アレルギーなど、100%自然なものでもアレルギー反応は体質によりますので、事前のパッチテストをお勧めします。

Q. ナノフラッシュはどんな色に染まるの?

A. ナノフラッシュにはブラウン、パープル、シェバ、イエローの4色があり、これらを組み合わせる事によって色味の幅が出ます。天然100%なのにしっかり染まるのがナノフラッシュの特徴です。
補足 色をしっかり残していきたい場合はブラウンをベースに、しっかり染まって自然に戻したい場合はシェバをベースに、より深く染着させたい場合はパープルをベースに、ナノフラッシュをミックスして使用します。※パープルをご使用の場合は時間を少し多めにとりましょう。

Q. ナノフラッシュはどのくらい時間をかけなければいけないの?

A. 化学染料と比べると、植物染料なので時間は長くなりますが、合計約一時間の放置時間で充分に発色します。


ナノフラッシュ~エチオピアと日本の架け橋 「ゲットゥーさんからのメッセージ」

ゲットゥーさんからのメッセージ今回“ナノフラッシュ”という最高のものが出来上がり、本当に嬉しく思います。5年がかりでようやく日本に向けて「安全」「高品質」の“ナノフラッシュ”を輸出できるようになったことは、誇りに思います。これまで日本に輸入されてきた植物染料はインドがほとんどのようでしたがこの度エチオピアからの海外輸出は日本が初めてとなります。近年「ロハス」志向が強くなってこられた日本の皆様に、エチオピアの大地と太陽の恵みをたくさん受けて育った“ナノフラッシュ”を是非ご利用いただけたらと思います。